スポンサーリンク

観光客にも愛される備中松山城の猫城主さんじゅーろー、地元企業との可愛いコラボグッズを発売

日本で江戸時代より前に建設された天守が今でも保存された姿で残っているのは12城。そのうち、最も高所に位置するのが岡山県高梁市にある備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)。
備中松山城(重要文化財指定)
秋から春にかけての早朝に条件がそろうと、雲海に浮かぶ幻想的な姿を見ることができることから、「天空の山城」とも呼ばれていますが、近年、そこで暮らす一匹の茶白猫が注目を集めています。
猫の名前は「さんじゅーろー」。
私がさんじゅーろーです
城に住み始めたのは2018年、西日本で特に大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨の後。
災害の影響で観光客の足が遠のいていた備中松山城に、ある日ふらりと迷い込み

リンク元

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
animal news

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました